2008年04月05日

背中の痛みに気をつけろ

朝起きて背中の痛みを感じたことはありませんか?
ここで言う背中の痛みとは、筋肉痛によって起こる背中の筋肉の痛みではなく、鎖骨の後ろ〜あばら骨の1番下までの背中部分に感じる痛みの事です。

背中の痛みは、先ほどのように筋肉痛など、日常生活の中でよくある事なので軽く考えてしまいがちなのですが、同じ背中の痛みでも、内臓や筋肉が危険信号を伝えようとして発生する背中痛があります。
いつものことだから、と、放置するのが危険な場合もあります。
posted by みえ at 00:00| 病気 | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

痛みが発生する原因

一口に背中の痛みと言っても、発生原因は様々。
打撲やケガなら原因も明確で分かりやすいのですが、筋肉、骨、肝臓・膵臓等の内臓器官に異常がある場合にも背中の痛みが発症します。

他にも姿勢が背中の痛みに影響する場合もあります。
デスクワーク等、長時間同じ姿勢で仕事をされている方は、背中や腰の痛みを慢性的に感じている方が多いようです。
また、車の運転を生業にされている方も、同様に背中や腰の痛みを感じています。

人は同じ姿勢を続けてると、緊張状態が続いた筋肉が疲労し、硬くなってしまいます。
それを繰り返すと血液の循環が悪化し、筋肉の柔軟性も欠如します。
筋肉の柔軟性が欠如すると動きが悪くなり、神経的な痛みとなって現れるのです。
posted by みえ at 00:00| 病気 | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

考えられる病気

背中には脊柱と呼ばれる背骨が存在します。
そんな脊柱の代表的な病に椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、神経根障害等があります。
背中が痛んで、それが病気を原因とする場合、内臓の疾患…急性肝炎なら右肋骨下の痛みと同時に右背中に痛みを生じる事が多いようです。
特に急性肝炎の場合、完治後も右背中の痛みが取れず、背中痛が数年続く事があるようです。
急性・慢性膵臓炎は左肋骨下の痛みと同時に左の背中に痛みを伴います。

胆石ならば右季肋部と右の背中に鋭い痛みが発生します。
胆嚢炎では胆石同様の痛みと発熱、腎結石・腎盂腎炎でも腰から背中にかけての痛みを生じます。
また、胸膜炎や肺炎等は発熱、呼吸困難、胸部の痛みに伴った背中の痛みを感じるでしょう。
内臓癌や脊髄の悪性腫瘍でも背中の痛みを伴います。

化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎等は特殊なケースで、これらは脊椎が細菌感染し炎症を起こすと、背中に激痛が走ります。
posted by みえ at 00:00| 病気 | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

背中の痺れ

手足の痺れはよく聞きますが、背中にもしびれがあるのをご存知でしょうか?
背中の痺れの原因の多くは、肩こりから始まる背中や首のコリです。
肩や背中のコリが酷くなり感じる痺れは緊張型に伴う複合病態と言われています。
更に背中の痺れや痛みが強くなると背中バリバリ症候群と呼ばれます。
これには痺れだけでなく、痛みも伴います。

極度のコリで背中や首、肩の血行が悪化すると筋肉が硬直します。
ストレスを貯めない、長時間同じ姿勢でいないなど、背中の痺れの予防も重要です。

長時間同じ姿勢をするのであれば、合間合間に軽い運動を行い背中や肩、首の筋肉をほぐしてあげましょう。
それでも背中の痺れを感じるのであれば、マッサージを受けてみましょう。
posted by みえ at 00:00| 病気 | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

痛む部分によって異なる原因

背中は私たちが思っているよりもちょっと鈍感なようで、背中が痛んでも広範囲で具体的な場所が特定しにくいものです。
背中痛の症状で比較的多い事例を上げて見ましょう。

・胃の真後ろにあたる背中部分が痛い
 胃の疲労、胃潰瘍、胃炎の可能性があります。

・あばらの下部分の背中部分が痛い
 腸の疲労が考えられます。毎日スムーズに排便できていますか?

・肩甲骨周りが重くだるい
 胃や肝臓が疲れていたり、ストレス過多が考えられます。


背中を伸ばした時の痛み、背中の痛みから仰向けで寝られない人は脊柱の湾曲異常が起きている場合があります。
日頃の姿勢が悪かったり、歩行器や杖を使用する方々に多く見られます。

背中の痛みはケガの場合を除き、骨、筋肉、内臓の異常が原因になる事が多く、長期間放置しておくのは危険です。
ちょっとでも気になったら、一度病院で検査をしてみるのがいいかもしれません。
posted by みえ at 00:00| 病気 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。